Author Archives: 原財団

第25回(2003年度)国際論文発表助成者

周 虹
大阪工業大学電子情報通信工学科 助教授(39)
論文
Multimedia Mobile Communications(マルチメディア移動通信)
学会
EEE Wireless Communications and Networking Conference 2004(2004年3月21日?25日)
開催地
USA, アトランタ
二反田 直巳
北海道大学大学院工学研究科 大学院生(25)
論文
Audio-Cut Detection and Audio-Segment classification(ファジィC-means法によるオーディオシーンカットの検出及びオーディオセグメントの分類)
学会
IEEE International Conference on Acoustics, speech,&Signal Processing 2004(2004年5月17日-21日)
開催地
Montreal, Canada
古川 宏
筑波大学電子・情報工学系 助教授(38)
論文
Intension-represented Ecological Interface Design for Supporting Collaboration with Automation ; Situation Awareness and Control in Inexperienced Scenarios(自動系との共同作業支援のための意図表示エコロジカル・インターフェース:未経験事象における状況把握と制御)
学会
Human Performance, Situation Awareness and Auomation Technology(2004年3月22日-25日)
開催地
デイトナ・ビーチ, フロリダ USA
平田 晃正
大阪大学大学院通信工学専攻 大学院生(30)
論文
Feasibility study of adaptive antenna array on handset for 4G mobile communications(第4世代移動通信のための携帯端末上適応アンテナアレーに関する検討)
学会
2004年米国電気電子学会アンテナ伝播に関する国際シンポジウム(2004年6月20日-26日)
開催地
モントレー、カリフォルニア 米国
高谷 将裕
東京大学工学部機械情報工学科助教授(33)
論文
Robot Vision System with Correlation Chip for Real -time Tracking , Optical Flow and Depth Map Generation
学会
IEEE Robotics
開催地
ニース、フランス
伊藤 誠
筑波大学 講師(33)
論文
Overtrust due to unintended use of automation(意図しない誤使用に起因する自動化システムへの過信)
学会
5th Conference on Human Performance, Situation Awareness
開催地
デイトビーチ、フロリダ、米国
北原 鉄朗
京都大学大学院情報学研究科知能情報学 学生(24)
論文
Category-level Identification of Non-registered Musical instrument Sounds(未登録の楽器音のカテゴリーレベルの同定)
学会
IEEE International Conference on Acoustics, speech,&Signal Processing (ICASSP2004) 2004年5月17日-21日
開催地
Montreal, Canada

第24回(2003年度)国際論文発表助成者

有働 昌代
大阪府立大学大学院電気・情報系専攻 経営工学分野
大学院生(23)
論文
Knowledge Acquisition for Soccer agent by Fuzzy Reinforcement Leaning(ファジィ強化学習によるサッカーエージェントの知識獲得)
学会
2003 IEEE International Conference on Systems,man
開催地
USA, Washington, DC.
木村 泰知
北海道大学大学院工学研究科 大学院生(29)
論文
Response Evaliation of Spoken Dialogue Processing Method using Inductive Learning based Amount of Information(情報量に基づく帰納的学習による音声対話処理手法)
学会
PACLING(Pacific Associiation for Computational LINGuistics) 2003年8月22日-25日
開催地
Nova Scotia, , Canada B3H 1W5
深沢 佑介
大学院生(29)
論文
Controlling a mobile robot that searches for and rearrages objects with unknown locations and shaspes.(未知環境下において探索・搬送作業を行う自律移動ロボットの行動制御)
学会
2003 IEEE/RSJ International Conference on Intellient Robots and Systems.(2003年10月27日-31日)
開催地
Las Vegas, USA
佐野 健
大阪大学大学院通信工学専攻 大学院生(22)
論文
Improving Efficiency of Application-level Multicast with Network Support(アプリケーション・レベル・マルチキャストのネットワーク支援による効率化に関する研究)
学会
Networked Group Comunications (NGC’03)
2003年9月16日-19日
開催地
Munich, Germany
表 昌佑
筑波大学システム情報工学研究科 学生(31)
論文
Dynamic and distributed domain- based mobility management for mobile IPv6(モバイルIPv6における動的・分散移動性管理方式に関する研究)
学会
IEEE semiannual Vhicular Technology Conference 2003
(10月6-9日)
開催地
オーランド、米国
蓁 嶺
山梨大学医学部・第2生理教室 学生(30)
論文
Complex-tone response patterns of the tonic and phase-tonic cells in Alert Cat primary auditory cortex(覚醒ネコ大脳皮質一次聴覚細胞の複雑音反応パターン)
学会
International Conference on Auditory Cortex 2003(9月15日)
開催地
Magdeburg, Germany
アリアガ・
ダビッド
京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻 大学院生(30)
論文
Generating macro-actions through sequence finding in partially deservable environments(部分観測環境における系列発見によるマクロアクション生成)
学会
Third TASTED international comference on artifical intelligence and application(9月8日?10日)
開催地
Benalmadena, Spain
桜庭 洋平
京都大学情報学研究科知能情報学専攻 大学院生(23)
論文
Note recognition of polyphonic music by using timbre similarity and direction proximity(音色類似度と定位近接度を用いた多重奏の音高認識)
学会
International Computer Music comference(9月8日?10日)
開催地
シンガポール
竹沢 恵
北海道大学大学院電子情報工学専攻 大学院生(26)
論文
Ultra low bit-rate image coding Algorithm based on fractal image coding(フラクタル画像符号化に基づく超低ビットレート画像符号化)
学会
ISPA2003, 3rd International Symposium on Image and Signal Processing and Analysis(2003年9月18日-20日)
開催地
Rome, Italy
王 志東
東北大学大学院工学研究科 大学院生(37)
論文
Conrol multiple mobile robots for object caging and manipulations(物体の囲込みと操りのための複数移動ロボットの制御)
学会
2003 IEEE/RSL International comference on Intelligent robots and systems(10月27日?31日)
開催地
Las Vergas USA
坂井 大介
大阪府立大学大学院工学研究科 大学院生(22)
論文
Remote Data processing and Visualization Function syastems over WWW for use in education systems(WWW上で動作する教育システム用遠隔データ処理と表示機能)
学会
Asia Pacific Conference on Communication(9月21日?24日)
開催地
マレーシア、ペナン
上手 洋子
徳島大学大学院電気電子工学専攻 学生(22)
論文
Markov chain modeling of intermittency chaos and its application to hopfield NN for QAP(インターミッテンシー・カオスのマルコフ・チェインによるモデリングとQAPへの応用)
学会
European Conference on CorcuitTheory Design 200
(9月1日-4日)
開催地
Krakow, Poland
東野 武史
大阪大学大学院通信工学専攻 大学院生(24)
論文
A new spreading code generation method for DOS CDMA RoF system and its experimental investigation(直接光スイッチングCDMA RoFシステムに適した拡散符号構成法と実験的検証)
学会
International Topical Meeting on Microwave Photonics
(2003年9月10日-12日)
開催地
ブダペスト、ハンガリー

第23回(2002年度)国際論文発表助成者

中井 学
大阪府立大学大学院電気・情報系専攻 経営工学分野 大学院生(24)
論文
A Boosting algorithm with Subset selection of training Patterns(ファジィ識別器に対する学習用パターンの選択を考慮したブースティングアルゴリズムの提案)
学会
TheIEEE International Conference on Fuzzy Systems(2003年5月25日?28日)
開催地
セントルイス,USA

第22回(2002年度)国際論文発表助成者

近藤 啓子
北海道大学大学院電子情報工学専攻 大学院生(25)
論文
An Accurate Noise Detector for Image Restoration(画像復元のための雑音検出器)
学会
IEEE 2002 International Conference on Image Processing(2002年9月22日-25日)
開催地
ロチェスター、ニューヨーク州、USA
松田 崇弘
大阪大学大学院工学研究科 助手(28)
論文
Performance Analysis of TCP Fairness between Wired and Wireless Sessions(無線・有線TCP間の公平性解析)
学会
IIPIMRC2002(The 13th IEEE International Symposium on Personal,Indoor, and Mobile Radio Communication) 02年9月15日?18日
開催地
リスボン(ポルトガル)
水田 貴久
東京大学大学院精密機械工学専攻 大学院生(23)
論文
Environmental Support Method for Intelligent Robots?Movement Decision Method of Robots based on Reliability and Trial time(知能ロボットのための環境整備法?信頼度と試行時間に基づいたロボットの行動決定法?)
学会
 
開催地
スイス・ローザンヌ
Yunjian
Jia
大阪大学工学部電子情報エネルギー工学専攻 大学院生(25)
論文
Impact of closed-loop Power Control on SPMA/TPMA system Performance(SPMA/TPMAシステムにおける閉ループ送信電力制御の有効性に関する検討)
学会
 
開催地
 
王 健平
四日市大学環境情報学部 教授(40)
論文
Finite Spectral Essentially non-Oscillatory Scheme(基本的に振動しない有限スペクトル法)
学会
2nd International conference on Computational Fluid Dynamics(2002年7月19日)
開催地
シドニー、オーストラリア
Benjebbour
Anass
京都大学大学院情報学研究科 大学院生(23)
論文
Novel Semi-adaptive ordered successive Receivers for MIMO Wireless systems(MIMO 無線通信システムにおける新たなセミアダプティブ順次複写方式)
学会
IEEE International Symposium on Personl Indoor and Mobile Raido Communications (PIMRC) 2002年9月14日-18日)
開催地
リスボン、ポルトガル
瀬田 和久
大阪府立大学総合科学部数理・情報科学科 講師(32)
論文
A Modeling framework for capturing the design ratinales of problem solving proceses(問題解決知識の設計意図を捉えるためのモデリングの枠組み)
学会
International Workshop Intelligent Knowledge Management Techniques(2002年9月16日?18日)
開催地
ローマ,イタリア
片上 大輔
東京工業大学大学院知能システム科学専攻 助手(28)
論文
Interactive Evolutionary Robotics from different viewpoints of observation(対話型進化ロボティクスにおける教示の視点の効果)
学会
IEEE /RSJ International Conference onintelligent Robots and Systems
開催地
EPFL, Switzerland Swiss Federal Institute of Technology Lausanne
有山 貴信
大阪府立大学工学部経営工学科 大学生(23)
論文
On-line learning of a fuzzy system for a futures market(先物市場に対するファジイシステムのオンライン学習)
Combining multiple cellular genetic klgorithms for efficient search(効率的探索のための複数のセルラー遺伝的アルゴリズムの結合)
学会
4th Asia-Pacific Conference on Simulated Evolution and Learning(2002年9月18日?22日)
開催地
Singapore
宮本 哲
 
論文
Processing Text File as Is.(「あるがまま」での文字配列)
学会
String Processing and information retrieval ’02(2002年9月11日-13日)
開催地
リスボン、ポルトガル
近藤 敏之
 
論文
A reinforcement learning wuth adaptive state space recruitment strategy for real autonomous mobile robots(適応革新戦略を併用した強化学習による実移動ロボットの行動学習)
学会
IEEE /RSJ International Conference on intelligent Robots and Systems (IROS’02) 2002年9月30日-10月4日
開催地
ローザンヌ、Switzerland

第21回(2001年度)国際論文発表助成者

小林 和淑
京都大学 助教授(33)
論文
Hardware and Software Codesign with using System C and Back(システムCとBack を用いたハードウエェア・ソフトウェア強調設計環境)
学会
Design Automation and Test in Europe(2002年3月5日)
開催地
パリ
瀬口 哲平
大阪府立大学工学部経営工学科 大学院生(22)
論文
?Successive Adaptaion of fuzzy Rule-based systems in a Multi-Agent model(マルチエージェントモデルにおけるファジイルールシステムの連続的適応)
?Succesive adaptation of neutralnetworks in a Multi-Agent-Model(マルチエージェントモデルにおけるニューラルネットワークの連続的適応)
学会
2002world congress on computational intelligence
(2002, 5月12日-17日)
開催地
Honollulu,USA
夏井 雅典
東北大学大学院情報科学研究科 大学院生(24)
論文
A study on automated synthesis of multi-valued arithmetic circuits based on evolutionary graph generation(進化的グラフ生成手法に基づく多値算術演算回路の自動合成に関する研究)
学会
32nd IEEE International Symposium on Multiple-Valued Logic(2002年5月15-18日)
開催地
Boston USA
松本 絵理子
独立行政法人通信総合研究所関西センター 専攻研究員(32)
論文
Increasing STG activation due to crossed hand posture in a S-R compatibility task(自己身体座標系における空間認知課題と側頭領域の脳内活動の増加について)
学会
9th anuual meeting of the cognitive neuroscience society(2002年4月15日)
開催地
San Francisco ,USA

第20回(2001年度)国際論文発表助成者

前田 雄介
東京大学大学院精密機械専攻 助手(28)
論文
Human-Robot Cooperative Manipulat on with Motion Estimation(動き予測を用いた人間ーロボット協調物体操作)
学会
I2001IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems(2001年10月29日-11月3日)
開催地
ハワイ、USA
津村 茂彦
大阪大学大学院電子情報エネルギー 工学専攻 大学院生(24)
論文
Design and Performance of Quasi-Synchronous Multi-Carier CDMA Uplink(上り回線擬似同期マルチキャリア符号分割多重方式についての設計方法及び特性評価)
学会
IAtlantic City(2001年10月7日-11日)
開催地
New Jersey,USA
久利 敏明
独立行政法人 通信総合研究所 主任研究員(32)
論文
Error-free DWDM Transmission of 60-GHz-Band Fiber-Radio Signals with Square-Like Response Fiber Bragg Gratings.(方形波状応答特性を有するファイバブラッググレーティングを用いた60ーGHz帯ファイバ無線信号の高密度波長多重・エラーフリー伝送)
学会
International Topical Meeting on Microwave Photonics(MWP2001) 2001年10月7日-10日
開催地
カリフォルニア、USA
岡沢 慎
京都大学大学院情報学研究科 大学院生(29)
論文
menthol-induced excitation in cultured cold-sensitive neurons(培養冷感受精細胞にメントールが誘発する興奮作用)
学会
国際温熱生理シンポジウム(2001年9月2日-6日)
開催地
ウーロンゴン、オーストラリア
周 暁
東北大学 助教授(38)
論文
Efficient Algorithms for weighted colorings of Series- parallel Graphs(直並列グラフのコストと彩色問題を解く効率よいアルゴリズム)
学会
Twelfth Annual International Symposium on Algorithms and Compution (ISAAC’01) 2001年12月19日-21日
開催地
Christchurch , New Zealand
Hai Lin
大阪府立大学工学研究科 助手(27)
論文
Fractionally Bayesian Equalizer(分散間隔Bayesian等化器)
学会
International Conference on Neural Information Processing (ICONIP’01) 2001年11月14日-18日)
開催地
上海、中国

第18回(2000年度)国際論文発表助成者

伊藤 匠
大阪大学大学院工学研究科通信工学 学生(26)
論文
Transmit power control with an accurate SNR measurement in N-ray/SS Scheme for DS/CDMA systems
学会
IEEE International Conference on PIMRC
2000年9月18-21日
開催地
London England
我孫子 俊瑞
東北大学大学院工学研究科 大学院生(27)
論文
IFS Coding of high order non-homogeneous fractal images(高次数・非同次形フラクタル画像のIFS符号化)
学会
2000 IEEE International Symposium on intelligent signalprocessing and communication systems 2000年11月5-8日
開催地
Honolulu, Hawaii
星野 弘雅
九州大学システム情報科学府 大学院生(24)
論文
Online construction of subsequence automata for multiple texts(複数テキストに対する部分列オートマトンのオンライン構築)
学会
The 7th International Symposium on String Processing and Information Retrival(2000年9月27-29日)
開催地
スペイン、コルーニャ
平尾 昌啓
九州大学システム情報科学府 大学院生(24)
論文
Fully compressed pattern matching aligoriythm for balanced straight-line programs(平衡直線的プログラムに対する圧縮パターン照合アリゴリズム)
学会
The 7th International Symposium on String Processing and Information Retrival(2000年9月27-29日)
開催地
スペイン、コルーニャ
藤崎 礼志
九州大学システム情報科学研究院 助手(33)
論文
On Variations of MAI in a DS/CDMA system: Code Average versus Data Average(DS/CDMAシステムにおけるMAIの分散についてー符号に関する平均対データに関する平均)
学会
IEEE 6th International Symposium on Spread Spectrum Techniques and Applications(ISSSTA 2000) 2000年9月6-8日
開催地
Sheraton Tara, Parsippany,New Jersey,USA
峰松 信明
東京大学工学系研究科 助教授(33)
論文
Performance comparison among HMM,DTW,and human abilities in terms of identifying the stress pattern of the word utterance(強勢パターン同定をタスクとした、HMM、DTW及び人間視察能力間の性能比較)
学会
International conference on Spoken Language Processing’2000(ILSLP’2000) 2000年10月16-20日
開催地
中国、北京
黒岩 大介
東北大学工学部通信工学科 助手(28)
論文
Self-orgnization in a formal neuron model and self-consistent Monte Carlo simulation(形式ニューロモデルにおける自己組織化と自己無撞着モンテカルロ法)
学会
World Congress on Neural Networks (WCNN’96) 開催日:1996年9月15日?18日
開催地
サンディエゴ, カリフォルニア, USA
石渕 久生
大阪府立大学工学部 助教授(33)
論文
A Coding Method for Generating Sisjunctive Fuzzy If-Then Rules(選言型のファジィ If- Then ルールを生成するためのコード化手法)
学会
96年前期 学会:The First Asia-Pacific Conference on Simulated Evolution and Learning (SEAL’96) 開催日:1996年11月9日?12日
開催地
Taejon, Korea
大津 啓
名古屋大学大学院電子情報学 学生(22)
論文
Evolving an adaptive controller for a legged-Robot with dynamically-rearraging neural network(動的再編成ニューラルネットワークを用いた歩行ロボットの適応制御器の進化的構築)
学会
The 6th International Conference on the Simulation of adaptive behavior(2000年9月11-15日)
開催地
Paris, France
神原 誠之
奈良先端科学技術大学院大学情報 学生(27)
論文
A stereo Vision-based augmented Reality system with an inertial sensor(三軸角度センサを用いたビジョンペースドビデオシースルー型拡張現実感システム)
学会
IEEE and ACM International Symposium on Augmented Reality 2000(2000年10月5-6日)
開催地
Paris, France

岡田 稔

中部大学工学部情報工学科 教授(40)
論文
Ambiguous problem investigation in off-line mathematical expression understanding(オフライン数式理解における曖昧性問題の検討)
学会
SMC’2000- 2000 IEEE Systems, Man, and Cybermetics Conferece(2000年10月8-12日)
開催地
ナシュビル、テネシー州、USA
小島 篤博
大阪府立大学総合情報センター 助手(32)
論文
Generation natural language description language of Human behavior from Vieo Images(映像中の人物行動の自然言語による表現の生成)
学会
IE15h International Conferece on Pattern RecognitionEE Robotics
開催地
 

第19回(2000年度)国際論文発表助成者

小西 啓治
大阪府立大学大学院工学研究科 助手(31)
論文
Spatial instability in one-way open coupled double-scroll circuit(一方向開放結合したダブルスクロール回路の移流不安定性)
学会
2001IEEE International Symposium on Circuits and Systems(2001年5月6-9日)
開催地
シドニー、オーストラリア
本多 克宏
大阪府立大学大学院工学研究科 助手(27)
論文
Simultaneous approach to principal component analysis and fuzzy clustering with missing values(欠測値を含むデータから局所的な主成分を抽出するファジィクラスタリング法)
学会
IJoint 9th IFSA World Congress and 20th NAFIPS International Conference(2001年7月25-28日)
開催地
バンクーバー、カナダ
山本 隆
大阪府立大学大学院工学研究科 学生(22)
論文
Function Approximation and Classfication by Linguistic IF-then Rule(言語的ルールによる関数近似と識別)
学会
 
開催地
バンクーバー、カナダ
御手洗 秀一
東京大学工学部機械情報工学科助教授(33)
論文
Compressed Pattern Matchingfor Sequitur(Sequitur に対する圧縮文字照合問題)
学会
DataCompression conference on 2001(2001年3月27-29日)
開催地
スノーバード、ユタ州、USA
野口 拓
大阪大学工学研究科通信工学専攻 大学院生(24)
論文
Reliale Multicast protocol applied Local FFC(局所的なFFCを適用した信頼性マルチキャストプロトコルに関す研究)
学会
ICC 2001(2001年6月11-15日)
開催地
スノーバード、ユタ州、USA

第17回(1999年度)国際論文発表助成者

弓仲 康史
群馬大学工学部電気電子学科 助手(31)
論文
An efficient Data Transmission Technique for VLSI Systems based on Multimedia-valued Code-Division Multiple Access(多値符号分割多重を用いた高効率情報伝送に基づくVLSI システム)
学会
2000IEEE International Symposium on Multimedia-Valued Logic(2000年5月23-25日)
開催地
Portland, Oregon, USA
平良 真一
郵政省通信総合研究所 主任研究員(38)
論文
Developmemt of an onload packet switch for the mobile satellite(移動体衛星通信用搭載パケット交換器の開発)
学会
I18回AIAA通信衛星システム国際会議(2000年4月11-14日)
開催地
オークランド ,Calf,USA
上坂 和義
東北大学大学院 大学院(26)
論文
Synthesis of Low-sensitivity second-order Digital filters using genetic Programming with automatically defined Functions(自動関数定義を用いた遺伝的プログラミングによる低係数感度ディジタツフィルターの開発)
学会
2000IEEE International Symposium on Circuits and Systems(2000年5月28-31日)
開催地
Genova, Switzerland
三浦 純
大阪大学大学院機械システム工学科 助教授(37)
論文
Modeling Motion Uncertainty of Moving Obstacles for Robot motion Planning(ロボット行動計画のための移動障害物の動きの不確かさのモデリング)
学会
2000IEEE international Conference on Robotics and Automation(2000年4月24-28日)
開催地
SanFrancisco, USA
中西 英之
京都大学大学院情報科学研究所 学生(26)
論文
Helper Agent: Designing an assistant for Human-human interaction in a Virtual meeting Space
学会
International Conference on Human Factors in Computing systems (CHI2000)
開催地
 

第16回(1999年度)国際論文発表助成者

木村 真一
郵政省通信総合研究所主任研究員(33)
論文
A module type space manipulator
学会
PIESIS Symposium on Intelligent System and Advanced Manufacturing(99年9月18-23日)
開催地
ボストン ,USA
高橋 正人
通信総合研究所鹿島宇宙通信センター 技官ギカン(34)
論文
An effective method to evaluate intermittent blocking on land-mobile satelite communications(陸上移動体衛星通信における瞬断特性の効果的解析手法)
学会
IEIEEE 50th Vehicular Technology Conference
(99年9月19-22日)
開催地
アムステルダム、オランダ
阿部 正英
東北大学大学院工学研究科助手(28)
論文
Extravtion of outlines with Acote-angle Corners using genetic Algorithm based on Factors for perceptive grouping(視覚的群化要因に基づく遺伝的アリゴリズムを用いた鋭角部分をもつ輪郭線の抽出)
学会
1999 IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS’99) 99年10月8-10日
開催地
PHUKET, THAILAND
Unawong
Sakda
大阪大学大学院通信工学専攻大学院3年生(25)
論文
Novel Techniques for improving the performance of wireless LANs under ISM interference environments
学会
Asia-pacific Conference on Communicationns(APCC’99) 99年10月18-22日
開催地
北京、中国
陳 ウン
名古屋大学電子情報学専攻大学院3年(31)
論文
Mathematical Expression Structure Understanding
(数式構造理解の検討)
学会
1st International Conf. Virtual System and Multimedia (VSMM’99) 99年9月1-3日
開催地
Dundee, スコットランド
王 鋒
東北大学大学院大学院3年(36)
論文
Assessment of ttransient change of mental workload by analysis of HRV with digital filter bank(デジタル フィルタ バンク を用いて心拍変動のスペクトル分析による一過性のメンタルワークロードの評価について)
学会
1999 Annual Meeting of the Biomedical Society and 21″Annual International Conerence if the IEEE Engineeing in method and Biology Society (BMES-EMBS”Joint Conferebce)
開催地
 
甲斐 充彦
静岡大学工学部システム工学科(30)
論文
A speech interface system for information retrieval tasks on the WWW(WWW上の情報検索タスクのための音声インターフェースシステム)
学会
1999 International Workshop SPEECH and COMPUTER
開催地
 
大石 高生
電子技術総合研究所
論文
Idebtification of functional connections from the primary motor cortex of the macaque monkey (マカク属サルの第一次運動野からの機能的神経連絡の同定)
学会
Society for Neuroscience 29th Annual Meeting(99年10月23-28日)
開催地
マイアミビーチ、米国
水野 慎士
豊橋技術科学大学情報処理センター助手(30)
論文
An Interactive Designing System with Virtual Sculpting and Virtual Woodcut Printing(仮想彫刻と版画に基づく対話型デザインシステムの開発)
学会
EUROGRAPHICS’99(99年9月10日)
開催地
MILANO.ITALY
中島 智晴
 
論文
A Fuzzy Genetic-based Machine Leaning Method for Designing Linguistic Classification Systems with High Comprehensibility(分かり易い言語的識別システムを構築するためのハイブリッドファジイ遺伝的機械学習)
学会
1The 6th International Conference on Neutral Information Processing(1999年11月16日-20日)
開催地
パース、オーストラリア
山田 誠二
東京工業大学大学院知能システム科学助教授(38)
論文
Constructing a Personal Web Map with Anytime Control of Web Robots(Web ロボットの任意時間制御によるパーソナルweb マップの構成)
学会
4th IFCIS Conference on Cooperative Information Systems (CoopIS’99) 1999年9月2-4日
開催地
Edinburgh University , Scotland
田中 一男
電気通信大学知能機械工学科助教授(36)
論文
A Nonlinear Model following Contol for Fuzzy Descriptor Systems(ファジイ ディスクリプタ システムに対する非線形モデル追従制御)
学会
1999 IEEE Conference on Decision and Control
(1999年12月7-10日)
開催地
フェニックス、USA
柳井 啓司
電気通信大学情報工学科助手(27)
論文
An Image Understanding System for various Images based on Multi-Agent Architecture(様々な種類の画像に対応可能なマルチエージェントによる画像理解システム)
学会
3th International Conference on Computational Intelligence and Multimedia Applications(99年9月23-26日)
開催地
ニューデリー、インド